うちの金魚〜ほぼ闘病記〜

丹頂・桜東錦・ピンポンパールとプラティの飼育記録です。

ぷりちゃんのお尻に水泡が!

お迎えして4週間後。ぷりちゃんは寝る時浮くものの、マツモや餌を食べて元気に過ごしていました。

溶けたヒレは治りつつあります。

人に慣れて餌くれダンスをするようになって、ますます可愛いです。

 

しかし、右側のお尻に小さな水泡を発見してしまったのです…2/25朝の出来事。

 

以前飼っていたピンポン達の事を思い出しました。

はじめは小さな水泡がどんどん増えて大きくなり、目の下にも水が溜まって衰弱して亡くなっていったあの子達…

 

当時はエロモナス菌感染の治療にと「観パラD」の薬浴と薬餌で治療を試みました。

でも全く改善しないままみんな逝ってしまったんです。

 

その後、色んなサイトやブログで知ったのはパール鱗の子達の水泡症は、普通鱗の金魚の松かさ病と同じ病気だという事。

そしてどちらもやはりエロモナス菌をやっつけろと書いてあるものが多い。

でもでも、前は観パラで治らなかったし薬浴でとどめを刺してしまいそうでやりたくない(>_<)

 

とにかくお水を換えてあげなくては。

もしかして砂利を入れたから汚れが溜まりやすくなってるのかもしれない。

ろ過装置を入れず、水換えとたまのお掃除だけだったのがいけなかったのかも?

 

ぷりちゃんをバケツに移して砂利を漁ってみると、汚れがたくさん出てきたΣ(´Д` )

毎日見えるフンはスポイトで取ってたし、3日前に大掃除もしたからこんなに汚れてるなんて思いもしなかった…

 

砂利の汚れをできるだけ綺麗にして水作エイトを導入。

マツモを取り出してから1日かけてエプソムソルトを溶かしました。

 

エプソムソルトはこちらの金魚部さんのブログ記事を読んで、松かさ病に効くと知ったもの。

https://kingyobu.wordpress.com/2015/10/08/マツカサ病のエプソムソルト浴/

塩に弱いと感じるピンポン向きだと思うのですが。

 

水泡はあるけど元気なぷりちゃん…

明日からどうなるのか怖いな

と思いつつ就寝。